ปิด

投資に値する4つのビジネスを掘り下げる

世界は現在、変革の極めて重要な段階に入っており、多くの激しく急速な変化が、ライフスタイルやビジネスに著しく大きな影響を与えています。これは明らかにタイにも当てはまることですが、同国は、かつて「アジアのトラ5頭」の一頭と称されていましたが、現在のところその姿の片鱗もありません。過去2~3年の間に、タイから多くの工場が生産拠点を移転しているというニュースが話題になっている一方で、BOIの報告によると、それと同時に数十億の金融資本がタイに投資されたということです。これが示すのは、タイが依然として外国人投資家を引き付けているということです。投資にとって最も魅力的なタイの4つのビジネスについて掘り下げていきます。

1. 自動車部品
2020年を通じた運輸省の統計によると、2,638,466台の赤ナンバーの車(新車)が登録申請され、国内の車両数は4,100万台ということでした。これは、タイの自動車が石油を使用する車両で約100%構成されていることを示しています。一方、多くの大手自動車が電気自動車の生産を増加し始め、石油依存車の生産が減少しています。これと同様に、タイは将来、以前よりも速い速度の電気自動車の増加に向けて調整が必要となるでしょう。その理由の一つは、日本が2030年以内に、英国、フランス、米国などの欧州地域の国々を含む石油依存車の流通を禁止したことであり、各国は、石油依存車の販売を中止すると発表しています。これが意味するのは、タイが輸出用の車両を生産したい

2. テクノロジーとデジタル関連ビジネス
タイが技術会社の巨人に電子部品、回路基板、およびその他のコンポーネントの生産において主導的な地位を占めていることをまだ知らない人も多いでしょう。特に、これらの親会社から伝えられたノウハウや高レベルの技術によって、電子部品の輸出は以前よりも良い方向に進むことができました。特に、有線システムと同じレベルで機能し、すぐに交換できるネットワークシステムや、接続性、AI、各種ケーブル、ワイヤレスシステムの分野では、急速に変化する技術が可能になりました。オンラインビジネスは、より多くの機器とセキュリティレベルを必要とする人々からの関心を集め始めています。しかし、様々なアプリケーション開発であれソフトウェア開発の分野であれ、将来の使用が増加すると予想される暗号通貨システムをサポートするためには、タイの要因の多くを改善することが必要です。これは、国のほとんどすべてで使用されている公共部門のウォレット・アプリケーションから見ることができます。2020年のBOIの最新のデータによると、登録済みおよび投資先ナンバー1のビジネスは電気家電・電子機器事業であり、その価値は500億バーツを超えているということです。

3. 医療産業
国際的に認められた研究により、医療産業は、タイをASEAN地域の医療の中心に押し上げる役割を果たす業界の新規参入者です。最近では、世界の大手製薬会社から新型コロナウイルス・ワクチンの生産に関する知識と技術移転が進められています。このことが示すのは、タイが、世界的に流通しているワクチンの製造に適した国際基準を達成した実験室、工場、材料、生産設備、機械に関する事項で認められてきたことです。医療機器部品の生産は、国際基準レベルで認められ、他の企業よりも前に新谷発生する疾患について学ぶ機会が増えています。その一方で、生産コストは安いので、タイがこの地域の将来の医療の中心となることは当然でしょう。さらに、タイの医師の治療基準は、新型コロナウイルス患者のヒストリカル・コントロールと治療からわかるように、最も有効性が高いことが国際的に認められています。BOIのデータによると、登録と投資促進の依頼件数は合計83プロジェクトであり、総額は222億9,000万バーツで、2019年から165%増加しています。

4. シニア産業
タイと世界が高齢化社会に突入していることは否定できません。これは55~64歳の人口が890万人、65歳以上の年齢層が810万人であった2019年の最新のタイの人口統計からわかります。したがって、今後10年以内に65~75才の人口は約1700万人となると結論することができ、これがシニア向けのビジネスや産業にとっての機会を生み出しています。このことは年間使用量が増加している大人用おむつ市場での競争からわかります。これには、高齢者向けサービス事業や、高齢者用ケア用品、食品、歩行補助具、車椅子、家庭や浴室の自助用機器、将来成長が予測できるシニア向けビジネスや他のビジネス、この機会を探している投資家に開かれた幅広い他の製品は含まれていません。

タイ市場に加えて、これらの国内要因は、ビジネスチャンスを求める投資家に広い領域を開いています。一般的な経済見通しは明るいものではありませんが、誰が最初にこれらの機会を見つけることができるかによって結果は異なります。特に、既存の工場や倉庫を借りて市場の需要に合わせて製品を生産・販売し、建設、工場、新しい場所の建設に伴うコストを削減するなど、現在の資源から始めることができる事業者は、タイムリーかつ迅速に進めることができます。現代のビジネスでは、誰が最初に考えたとしても、速やかに適応しすぐに行動すれば競合他社よりも優位性と機会が得られます。工場を建設して完成を待つだけだったら、ビジネストレンドは既に変わっていたかもしれません。