ปิด

EV CARの誕生でタイの産業水準を押し上げる

現在の環境問題は日を追うごとに深刻となり、地球上の生命に影響を与えているため、様々な分野の人々がこれまで以上に環境に優しい製品を作り出すことに注意を傾けている。限りあるエネルギーの消費を減らすための電気自動車製造と、環境危機の一因である排出量の削減は、次第に関心が深まってきた問題である。世界の大きな自動車製造拠点の一つであるタイは、技術開発の世界情勢に対応した製造拠点を維持するための変化を受け入れる準備をしなければならない。
世界水準の電気自動車産業の歴史と現在の電気自動車ビジネス

電気自動車(Electric Vehicle; EV)製造の考えは以前からある。また内燃機関(Internal Combustion Engine; ICE)の製造に先立ち、今日でも一般的に使用されている燃料を使用するタイプのものが1820年代の記録にある。動物の力に頼った牽引車を使う代わりに、電気モーターで動かす車の使用に関する研究は継続的に開発されてきたが、バッテリー効率が十分でないという問題が発生した。1881年になると、より効率の良い鉛蓄電池の原理を使用したバッテリーができ、製造業において人気が出て普及していった。それ以来、道路にて実際に使用できる機能を持つ電気自動車の開発が行えるようになった。世界初の電気自動車は、1881年にフランス人のGustave Trouvéが製造したと記録されている。そして電気自動車の製造は英国やドイツなどの各国で始まり、現在の電気自動車による公共輸送システムのモデルとなっている。

その間にも新しいエンジンシステムが発明された。例えば、速度と距離の両方の面においてそれ以上の価値がある内燃機関は、1885年にドイツ人の発明家Karl Benzにより、ガソリンを燃料とする内燃機関のエンジンを使用する最初の自動車が発明され、特許を取得した。自動車の効率化と油田の発見により、内燃機関エンジンが人気を博し、しばらくの間電気自動車ブームは沈静することとなった。第二次世界大戦後の1940-1950年代に石油燃料の不足問題が起こると、電気自動車は人気を取り戻した。しかし、その人気は短いものとなり、そして内燃機関エンジンは効率化と低価格化を図るようになった。その後21世紀に入り、電気自動車は再び自動車業界の情勢を覆した。現在使用されている燃料は高価で限りがあり、また環境汚染を引きおこす内燃機関エンジンの代わりとなる。クリーンエネルギーの必要性を多くの人が気づいたとき、内燃機関エンジンと同様の技術と効率により開発された電気自動車の人気が高まり、これまでよりも低価格になる傾向がある。

現在の電気自動車は次の4タイプに分けられる。

  1.ハイブリッドカー(Hybrid electric vehicle; HEV)
  2.プラグインハイブリッドカー (Plug-in Hybrid electric vehicle; PHEV)
  3.バッテリー式電動輸送機器 (Battery electric vehicle; BEV)
  4.燃料電池自動車 (Fuel cell electric vehicle; FCEV)


タイの自動車産業と強力な製造拠点になるための詳細な調査

2019年、タイは世界で11番目の自動車製造拠点となり、アジアトップ5にランクインしている。60年以上の長きに渡り自動車製造拠点であるため、品質面での管理がしっかり準備された工業団地には、エンジン組み立ての際の労働力と材料が一貫して揃っている。特にチョンブリ、チャチューンサオ、ラヨーン、プラチンブリを含む東部工業地帯の輸送システムは、陸路、海路、空路ともに便利で快適である。それ以外にも、効率的に製造することができる自動車工業の工場ネットワークがある。

電気自動車の製造技術は、内燃機関自動車の製造とは異なる。明確な相違点としては、エンジンシステムが異なることである。電気自動車はエンジンシステムの保護がより可能となるため、代替部品を含む部品を長持ちさせることができる。タイ国内の電気自動車製造産業においても、内燃機関エンジンからガソリン燃料と電気バッテリーの混合型またはハイブリッド(HEV)、そしてハイブリッドに類似しているがプラグイン充電システムがあるPHEV、プラグインから単一の充電器へのバッテリー駆動を行うBEVなどの電気自動車に変わり始めている。他国と比較すると電気自動車の製造数は少ないが、タイの自動車産業の能力は世界の水準と同等の開発が行えることを示している。

タイの電気自動車に関する投資の強み

2016年に電気自動車産業に対する投資家の信頼を高めるため、内閣は産業省の提案に従い、タイでの電気自動車の生産を支援するための措置を承認した。 これ以外にも同年9月にタイは、2030年までに温室効果ガス排出量を20〜25%削減を目指すパリ協定を締結した。これにより、内燃機関ではなく電気自動車に目を向けるよう人々に奨励することで、温室効果ガス排出量の削減に結びつき、タイへの電気自動車投資は確実に継続して成長することが見込まれています。

電気自動車は限りある燃料エネルギーの代わりとなり、クリーンなエネルギーを作り出すことは、これからも高い需要が見込まれる傾向にある産業となっている。その機会を早く得る人が、より多くの成功を手にすることは当然のことである。そして、そのビジネスを具象化する場所は下記webにて詳細を確認する事が出来ます。

情報の出典元