ปิด

BOIから外国投資を見る:投資促進を最も要求する5つのビジネス

BOI(投資委員会)は、国内の投資促進、および多国籍企業でのタイへの投資促進を委託された総理府の下の政府機関です。法人所得税の免除や減額、税制優遇措置、機械の輸入に関連する問題、原料生産、および熟練労働に関する促進、すなわち投資促進を受けた業務運営への外国人専門家の参入など、投資家を支援するための様々な投資法があります。現在、多くの外国人が関心を表明し、巨額を投資しています。2020年には、1,717のプロジェクトが投資促進を要求し、その総額は4,811億5,000万バーツを超えました。では、これらのビジネスで何が起こったか見てみましょう。

5 BOIを通じて 投資促進 を求めたビジネスのランキング 

  1. 電化製品や電子機器:生産拠点を撤退して近隣諸国に移転することを宣言した国の数についてのニュースが発表されましたが、他の多くの企業は生産と将来の成長の拠点としてタイをターゲットにする予定です。この事業に投入された投資資本価値は503億バーツでした。
  2. 農業と食品加工:タイの農業基盤は世界トップであるにもかかわらず、国際基準に従った食品加工や食料生産など農家が利用できない様々な技術や革新があることで、多くのギャップや機会が存在しています。この分野は411億4000万バーツの投資資本価値を受け取り、電気機器、エレクトロニクスに次ぐ第2位の事業となっています。
  3. 車両・部品:タイは多数の自動車部品の生産・輸出国としての基盤を築いており、多くの大手企業の車両生産拠点となっています。これらの企業はまた、国内での使用、特にまもなくガソリン車に取って代わる電気自動車が開始されるため、国内使用向けに生産しています。自動車事業の投資額は最大377億8000万バーツです。
  4. 石油化学品および化学品:これらの事業には、最大360億2000万バーツの外国投資価値がありました。
  5. バイオテクノロジー:現代の技術は、タイの研究者、特に農業と豊富な生物資源の両方で国際的に認められた研究開発成果に対して多くの機会を与えています。これにより、外国人はこの分野の価値を認識し、最大300億6000万バーツの価値で投資する準備が整っています。
上記の5つの事業とは別に、新型コロナウィルスの流行の始まりに伴い需要が増加している医療事業など、他にも多くの目を引くビジネスがあります。タイ自体は、海外の多くの大企業のワクチン生産拠点として委託されており、この機会によって、タイは技術の移転と国際的に受け入れられたワクチン生産技術であるとことから、恩恵を受けると思われます。これは、タイがASEAN地域の医療センターになる原動力であることと一致し、またタイへの投資を希望する外国企業が拡大していることにより、別の事業分野にとっても利点があると思われます。つまり、既存の工場レンタル事業や、これらの事業が工場を素早く建設し製造を開始できるように、土地を賃貸する準備ができている業界セクションなどの事業分野です。

参考